教育は先を考えて行う

受験する子供の低年齢化とその教育 教育という名のもとに蛮行が行われています。以前のように熱心に勉学を教え、生徒指導を行う教師が少なくなり、自分の出世や生活のために教師になる人が少なくないのも事実です。生徒も最早、学校で全てを学ぶというより、学校が復習の場で塾や予備校が学びの中核になってしまいました。

教育という文字をよく見ると教えて育てると書きます。これが原点です。ある意味、格言に有る「やって見せてやらせて見せて褒める」と言う方向性でやる気も出て実力もついていきます。辛いことを我慢してやることも大切ですが、その先に何があるのか、どういう利点があるのか、ヴィジョンを示すことも教える側の責務です。そうすることで、学んだこと、知識も知恵も社会に出て活かすことが出来ます。特に日本では15歳から18歳までの青春期に受験を迎えるシステムであるため、遊びたい盛に勉強をするのですから、貴重な時間を費やして何を教え、何を身につけるか教育の果たす責任は重いです。

Site Recommend



Copyright(c) 2019 受験する子供の低年齢化とその教育 All Rights Reserved.