教えて育てる「教育」の問題点

受験する子供の低年齢化とその教育 「教育」とは教えて育てると書きます。ただし、その意味は立場や解釈によって変わってきます。「教えれば育つ」なのか「教えて育てる」なのか、中には「教えることで育つ」と考える人もいます。押し付けなのか、促すのか、自分のためなのか、人それぞれの立場や思想によって向き合い方が変わります。

親には子どもを教育する責任があります。それは必然であり、その責任から逃れることはできません。親の考えで教え育てられるので、子どもへの影響力は計り知れません。子どもを育てる親の考えや方針がその子の人格の根本を形成します。親たちはそのことをより深く理解するべきです。

学校では教師による教育が行われます。子どもの成長を担う大切な役割が教師にあります。教師の対応が、親以外の大人たちへの考え方や接し方が変わります。教師の責任は重大です。押し付けでは真の信頼を得ることは難しいです。促すだけでは困惑してしまいます。子どもために、どれだけ真剣に向き合うのかが重要です。自分のために、欲望や出世のために子どもと接する教師がいたとすれば、その人には子どもを育てる資格がありません。常に「子どもたちの将来のために」という信念を忘れてはいけません。

Site Recommend



Copyright(c) 2019 受験する子供の低年齢化とその教育 All Rights Reserved.